こんにちは!よっぴーです!!!

今日はこの前の続き、League of Legendsというゲームのレーンコントロールについてまとめていきます!
残念ながら1UPではLeague of Legendをプレイすることは出来ませんが、とても面白いゲームなので興味を持ったら是非ともやりましょう!!

レーンコントロール

レーンコントロールとは、ミニオンを上手く活用し、自分やチームにとって有利な環境を作り、相手チームのタワーや対面の敵を倒すための戦術です!
レーンコントロールを理解すると、試合を下手に長引かせることなくスムーズに試合に勝利することが出来ます!

基本の形


まずレーンコントロールの基本は押しも押されもせず五分の状態を保つことです!
よっぽど相性が悪くない限り、最序盤はこの形を保つことを意識するといいでしょう!

この状態を保つメリットとしては、

タワー攻撃で変にミニオンの体力が削られることもなく安定してLHが取れること

レベル差がつかないこと、

しっかりWardを置いてさえいればGankが刺さりにくいことです

この形はLHの精度やハラスの有無で優劣が決まるので、プレイヤースキルとチャンピオン次第では有利になったり不利になったりとする形でもあります。

もし、自分の使っているチャンプが相手のチャンプよりも相性がよかったり、
プレイヤースキルが自分の方が高くて圧倒できたとしても、
下手にレーンを押せばGankの餌食となるので注意が必要です!

Push(押す)


Pushとは積極的にミニオンを攻撃することによって、自分チームのミニオンを相手タワーに近づかせることです。

Pushするメリットは、
対面の相手がレーンにいない時にPushすることによって、自分チームのミニオンをタワーに倒させて経験地やLHを取らせないことが出来る上に、
他レーンにGankに行きたい時は相手のタワーにミニオンを押し付けることにより、相手はその処理で手いっぱいとなり、その間に他レーンを助けることだって出来てしまいます!


他にはタワーダイブをしたい時や、単純に帰りたい時にしっかりPushするといいですね!

しかし、Pushしている時にミニマップの確認やワードによる視界確保を怠ってしまうとGankという酷い目に合ってしまうので注意が必要です!!

キープ


キープとは自分のタワーの近くで相手ミニオンをとどめておくことによって、Gankによる危険性を出来るだけ少なくし、レーン戦をすることです。

キープのメリットは、
まずGankを受ける危険が非常に少ないですし、
もし相手よりも体力があって有利が取れている場合、相手は怖くて近づけず、こちらがゆっくりとLHを取っているのを相手は指をくわえてみているだけという形を作ることが出来ます!
逆に、相手よりも体力が少ない場合や、ビルド(装備)で負けている場合でも、相手はGankの危険性を背負っているので好きに前に出れず、有利な展開に持ち込みやすいのでお勧めの形です!

ただ、相手が他レーンにGankに行った時は対応が遅れるので注意が必要なのと、体力が少ないと無理やりタワーダイブで殺されてしまったりするので注意が必要です!

土下座ファーム


もうダメ!無理!勝てない!という状況の時の最終手段です。
レーンを少しでも押したら悲惨な目に合う時は、タワー下でLHと経験地を稼ぎましょう。

土下座ファームのメリットは、タワー下にいるので単純に死ににくい事と、味方ジャングラーがGankしやすいことです。

デメリットは・・・

タワーの攻撃でLHを取るのが猛烈に難しい!! という点です。
 
土下座ファームを強いられている時は相手に圧倒的な差を付けられていることが多いので、味方ジャングラーも差の付き具合によっては返り討ちやカウンターGankを警戒して来てくれない場合もあるので、せめて死なないように、取れるLHは逃さないようにしっかり取るように心がけましょう!

最後に

以上でレーンコントロールについての基本の4点は終わりです!
これにてレーン編は一旦終了とさせていただきます!

次回は別のゲームについて書いていきますので、どうぞよろしくお願いします♪

@よっぴー

ゲームバー1UP メディア情報

営業時間:全日 13:00〜翌5:00

住所:〒542-0083
大阪府大阪市中央区東心斎橋2-8-20
新日本畳屋町ビル5F
GoogleMapを表示する

電話番号:06-6212-3755

Twitter:@GameBar1UP

LINE@:@1-up